サンローズ 代表取締役 ラックスマン氏

1979年5月1日に誕生する。 1993年1月、高等学校を卒業し、大学入学までの期間に開催した、食のイベントを運営したことがきっかけで、人に料理を提供することに魅了され、料理人の道を歩むことになる。 翌年1994年〜2004年の10年間、インドのUttar PardeshのRainbow restaurantにてコックを務め、シニアオーナーの地位まで登り詰める。 2004年1月より、サウジアラビアのDarin seafood restaurant にてインド料理部門のシニアシェフとして働くこととなる。

そして 2006年7月14日、日本に訪れる。 福岡のAsian bridge companyのabashi curry shop にて働き 2007年5月には東京の有名店「ディップマハル」にて経験を積む。 6ヶ月間の修行の後、2008年福岡abashiに戻った。

東京で、インド料理を提供したい、という想いは強く、 2010年5月10日にサンローズを経営する株式会社BAL BISHNUを設立した。 現在2店舗のインドカレー店を経営。 今後も店舗数を増やして行くことを目標としている。


About The CEO

Luxman Dutta Subedi, The CEO of Sunrose Japan, was born in Nepal in May 1st 1979. He graduated from high school in January 1993 and while spending a year, he held few events offering food and he got attracted working as a cook. He worked at Rainbow Restaurant, Uttar Pradesh, India for 10 years from 1994 to 2004 and promoted as a senior owner later on. After that, he worked as a senior owner at Indian food Dept. in Darin seafood restaurant in Saudi Arabia for 2 years from 2004 to 2006.

He came to Japan in July 2006 and worked at abashi curry shop Fukuoka run by Asian bridge company. For a short period he had been working with a very famous Indian Restaurant in Tokyo called "DIP MAHAL" for 6 months and went back to Fukuoka.

However, he was eager to offer Indian food in Tokyo. Finally he established BAL BISHNU company in May 10th 2010 which owned Sunrose restaurant. He has opened two restaurants so far and will expand them in the future too.